子供の習い事「継続は力なり!」幼少期が重要な理由

 今の子育てにおいて、習い事は必須項目のようになっています。我が家も例にもれず、スイミング、ピアノ、塾など出費はなかなかの金額になっています。習い事を始めるきっかけは様々でしょうが、特に小さい頃は親の勧めで始めることが多いと思います。
 我が子は、とあるスポーツをおじいちゃんの勧めで始めたのですが、小学校高学年になったころ「自分がしたくて始めたのではない!」と、辞めたいモード全開になった時期がありました。私はそれもそうかなと思い、辞めてもいいよと伝えました。ただ、「続けることは素晴らしいことだよ」とも伝えました。
 結果、どうしたかというと、小学校卒業まで続けたのです。続けたくないことを無理してする必要は、特に子供の頃はないかもしれません。我が子も、続けたからといって、県大会を勝ち抜いたり、全国大会に行くようなこともありませんでした。むしろ、最後の方は負けてばかりでした。それでも、最後の試合が終わって帰る時に、とてもスッキリとした、清々しい表情をしていました。そして「続けて良かった!」と言ったのです。
 ここで感動して涙した…というなら良い話なのですが、私はむしろ、我が子はかけがえのないものを得ることができた!と嬉しくなりました。
 それは、「頑張った!」という証(あかし)です。結果としては伴わなかったとしても、頑張り切った後は、心の中に「頑張った!」という自信が残るのです。継続は力なりです。あの時、辞めていたらこの証(あかし)は手に入れることができなかったでしょう。
 スイミング、ピアノ、野球、サッカー…たくさんの習い事、もちろん上手くなって活躍したり、表彰されることは嬉しいことです。それを目標に頑張ることもできるでしょう。親によっては子供が上達するために練習を無理強いしたり、厳しく接することもあるでしょう。とあるプロゴルファーの父親は、子供がプロゴルファーになると宣言した時から、仕事は窓際族になり、子供の上達のために厳しく鍛え、全てを捧げてきたと言っていました。実際、今のスポーツなどプロで活躍している人たちは、幼少期から親が過干渉なぐらい関わっていることがほとんどです。幼少期から取り組むことは、その分野で成功するためには、とても大切だと思います
 我が子と私は、そういう風にはしませんでした(できなかったと言うべきか…)。でも、頑張って続けたその日々は、何一つ無駄になってはいません。我が子を誇らしく思います!